防水工事の流れ

防水工事

最初に汚れた屋根や壁をを高圧洗浄で綺麗に!!

すごい勢いの水で、年々貯まった埃やコケを綺麗に洗い流します。

この作業をしっかり行わない業者もいますが、埃やコケなどが残った状態で防水工事を行うと密着性なども損なわれ、膨れなどの原因になってしまうのでうまく防水出来なかったり、長期間防水機能が続かなかったりするからです。
当社は手を抜かずにしっかりと行います。

気密性をUPする為の下処理!

長期間、雨風、太陽にさらされてきた目地部分が劣化し、露出している部分はヒビ割れ等が発生しているのでモルタルやコーキングで補修し水漏れの原因を無くしていきます。

脱気管の取付とシート張り

ひび割れした場所にも防水層が出来るようにシートを張ります。張る事によりひび割れの防止にもなります。
屋上などウレタン防水等する場合いに膨れを取り除くために脱気管を取付ます。

防水層の施行!

ウレタン防水などウレタンゴムを塗って防水層を形成する方法があります。
ゴムシートを貼るシート防水もありますが、シート防水はつなぎ目ができたり複雑な形状には不向きです。
ウレタン防水は塗るタイプなので美観に優れています。

さらにトップコートを施す

トップコートを2度塗りすることにより耐久性の向上、見た目も綺麗に仕上がります。

これで完成!!

漏水の原因を突き止め、修繕することにより建物をより長く使えるようになります。
お客様が思っているより、雨、風、太陽にさらされている部分の劣化は室内に比べると非常に早くなりますので、劣化が進む前に点検などされる事をお勧めします。


Copyright(c) 2014 株式会社 寿建設. All Rights Reserved.