外壁塗装の流れ

外壁塗装

当社は外壁の状態次第ではございますが基本塗装は『下塗り』『中塗り』『上塗り』の3工程となっております。


足場の組み立て

まずは「足場の組み立て」です。
外装リフォーム工事は、ほぼ足場の上に乗って行われます。
職人が作業しやすいよう考慮して足場を組み立てます。


高圧洗浄での汚れ落とし

すごい勢いの水で、年々貯まった埃やコケを綺麗に洗い流します。
外壁は、土や泥、ホコリなど様々な汚れがついています。
長年蓄積した汚れは一般的なホースの水で流したり拭いたりしてもなかなか落ちません。
そこで、業務用の機械で水を高圧で勢い良く噴射させ蓄積した汚れをキレイに落とします。
この作業をしっかり行わないと塗装作業をする際に仕上がりがキレイにならないだけでなく、耐久性が低下してしまいます。
この大事な工程を当社は丁寧に作業いたします。


養生・シーリング・ケレン

外壁の汚れを落としたら、次は下地処理などを行います。
この作業も上記の高圧洗浄と同様、仕上がりの出来を大きく左右しますので、しっかり丁寧に作業します。

養生とは、窓周りのサッシ等塗装しない部分をビニールで覆い塗料がかからないようにしたり、別の塗装を分けて塗る際テープで区切り塗装がはみ出ない様にする作業です。

シーリングとは、経年劣化によるひび割れや隙間などを埋める作業です。

ケレンとは、塗装前の塗装面を専用のヤスリ(マジックロンやペーパー、又はサンダー)などで削ったり、サビを取る作業のことです。
旧塗膜の浮きや剥がれを除去せずに塗装すると耐久性がいちじるしく低下してしまいます。


下塗り

当社の塗装工事は、下塗り・中塗り・上塗りとなっております。
下塗りをせずに1回塗りの工程だと色ムラが出てしまったり、キレイで耐久性のある塗装に仕上がりません。
お客様に満足して頂くためには外壁塗装は3回塗り以上が基本です。
そしてまず、最初に塗装する作業が「下塗り」です。
外壁の種類や状況などにより様々な種類の塗料の中から最適のものを選び塗っていきます。

中塗り

下塗りのが乾いたら次は「中塗り」です。
中塗りをすると、塗装面に厚みがでて耐久性を向上させることが出来ます。

上塗り

そして最後の仕上げが「上塗り」です。
下塗り・中塗りの効果でより美しい見た目に仕上がります。
また、上塗りでさらに厚みをつけることによって耐久性なども上がります。
ローラーや刷毛などを使いより丁寧に作業をします。


足場ばらし・清掃

塗装作業が終わったら、使用した足場をばらし、清掃を行います。

完了点検

足場ばらしをしつつ、施主様と立ち合いのもと点検を行います。
外壁の仕上がり、施主様のお気付きの点等、隅々まで点検します。


お引渡し

点検が終了したら、お引渡しになります。
アフターケアも万全に努めておりますので、お引渡しごお気軽にご連絡ください。



Copyright(c) 2014 株式会社 寿建設. All Rights Reserved.