屋根塗装の流れ

屋根塗装

当社は屋根の状態次第ではございますが基本塗装は『下塗り』『中塗り』『上塗り』の3工程となっております。


足場組み立て

屋根の勾配にもよりますが、基本的に職人の安全と作業がしやすいよう考慮して足場を組み立てます。


高圧洗浄での汚れ落とし

画像のように屋根に蓄積したカビやコケ、ホコリなどを高圧洗浄ですべて除去していきます。

長年蓄積した汚れは一般的なホースの水で流したり拭いたりしてもなかなか落ちません。
そこで、業務用の機械で水を高圧で勢い良く噴射させ蓄積した汚れをキレイに落とします。


この作業をしっかり行わないと塗装作業をする際に仕上がりがキレイにならないだけでなく、耐久性が低下してしまいます。
この大事な工程を当社は丁寧に作業いたします。


下地処理

屋根材が欠けた部分やヒビ割れ、棟板金の取り合いなどを補修します。
屋根は特に劣化が激しいので職人が隅々まで下地処理を行っていきます。


下塗り

コロニアル部分にはシーラーを塗装していき、棟の部分は錆止め材を塗装します。
「シーラー」とは、下地と塗料を密着させる下塗り材です。


中塗り

下塗りの乾いたら次は「中塗り」です。
中塗りをすると、塗装面に厚みがでて耐久性を向上させることが出来ます。

上塗り

下塗りが完了したら、上塗り塗装していきます。
塗料メーカー基準の塗布量で塗っていきます。


完成

上塗りが完了したら、塗り残しや色ムラなどがないか最終チェックを行い、養生ネットをはずします。



Copyright(c) 2014 株式会社 寿建設. All Rights Reserved.