屋根工事の流れ

屋根工事(カバー工法)

屋根リフォームの中で「カバー工法(重ね葺き)」というリフォーム方法があります。
カバー工法とは、今ある屋根材の上に新たなガルバリウム鋼板という屋根材を乗せて二重屋根にすることです。

築25年を超えたら、割れや反りなどスレート瓦自体の劣化が激しくなりますので、屋根塗装は避け、カバー工法か葺き替えのリフォームをお勧めしております。


板金の撤去と清掃

棟板金と、その下に設置してある貫板を撤去します。雪止めが設置されている場合はそれらも撤去し清掃を行います。


ルーフィング工事

既存の屋根材に水が入らないようにしっかり防水シート(ルーフィング)を敷きつめていきます。
この処置を念入りに行わないと漏水の原因になります。


屋根材の設置

続いて既存の屋根上に新しい屋根材を設置します。
使用する屋根材はガルバリウム鋼板を使った横暖ルーフです。
横暖ルーフは軽量なので、地震対策をお考えの方にも、おすすめの屋根材となっております。


貫板の設置

屋根材の設置が終わりましたら、貫板を設置します。
使用したプラスチック樹脂製の貫板は木材と比べて水に強く腐食しにくい特徴があります。
ずれにくいように錆びにくいビス、釘等で丁寧に固定していきます。

コーキング処理

板金の合わせ目から水が浸入してこない様にコーキング処理を行います。
周辺をテープで養生した後、コーキングを充填します。コーキングが固まったら工事完了です。

棟役物取付

棟役物を取付ます。
これで不備等がないかチェックしてなければ堂々の完成となります。


屋根カバー工法完了

カバー工法は耐久性に強く劣化しにくい素材になってますので


※スレート、トタン、ガルバニウムなど瓦以外の材料もあります。
※痛み具合、メンテナンスの頻度により、「塗り替え」「重ね葺き(カバー工法)」「葺き替え」の工法があります。痛みが著しい場合は費用も時間もかかりますので定期的なメンテナンスをおすすめ致します。


Copyright(c) 2014 株式会社 寿建設. All Rights Reserved.